STATEMENTリビングソイル研究所の想い

日々、土と緑を感じる庭づくりを。

念願の一軒家を手に入れたけど、庭の手入れの仕方が分からない。草引きが大変だから、庭は要らない…そんな困りごとや思い込みをお持ちではありませんか?仕方なく、土のあるスペースをコンクリートで埋めようとしていませんか?

リビングソイル研究所は、土壌づくりのスペシャリストです。1人でも多くの人が土や植物、自然に親しむ未来を目指し、土壌環境を根本から改善する他、ご自身で手入れや管理ができる庭づくりをご提案いたします。

また、庭は住まいの大事な一部であるとの想いから、建築設計のスタート段階から建築家や工務店と連携し、建物と庭をトータルに考えます。庭づくりをプロ任せにせず、ご自身で楽しんでいただけるよう、メンテナンスのサポートや、庭のある暮らしの豊かさを伝えるワークショップも行います。

適切な知識と経験を重ねれば、庭の手入れの負担は減らせます。大きな木の下に小さな木、その下に笹などの下草が生え、落ち葉や枯れ枝が地表を覆っているため、雑草が生えにくい山のように…土に日光が直接あたらない環境をつくれば、庭の雑草はコントロール可能です。リビングソイル研究所は、そんなシンプルだけど知られていない事柄を伝えていきたいと願っています。

日常に、土のある庭を。四季の変化や豊かさを、もっと身近に感じる人生を実現してほしいから。その第一歩として、大切な人と、何を感じ、どんな風に暮らしたいのか…あなたが思い描く夢や理想の姿を、ぜひお聞かせください。

「土の専門家による庭づくり」を見る

施工事例

MODEL GARDENパーランドコーヒー

姫路城から北へ徒歩約15分、住宅街の路地裏に佇むカフェ。「身近な山々の自然を再現したい」というオーナーの意向から、土壌改良と庭のリデザインを継続中です。営業時間内はいつでも、コナラ、ソヨゴ、ヤマコウバシ、コバノミツバツツジ、クロモジ、ガマズミなど80種以上の植物が育つ、土のある空間でお過ごしいただけます。

Webサイトを見る

GARDEN & ARCHITECTS庭と建築

住宅設計の仕事をしていて、ふだんから住宅と植栽の関係を気にしていた。例えばLDKを計画する際、リビングに向かって対面式のキッチンを設えると、キッチンからの視線の先にはリビングで遊ぶ子供と開口部より陽光と木々の緑が見える。朝、出がけに玄関アプローチの脇に咲いた花に気付き、家族との対話がうまれる。いつもそんな光景を想い浮かべながら、間取りや開口部を考えて設計していく。緑があることで、きっと暮らしはゆたかになる。

建築設計事務所「リュフト」
代表・建築士 黒木大亮

「原風景をつくる」という理念のもと「明日、美しくあるようにつくる」ことを作法に木の家づくりを重ねている。時を経て風雪に耐え、刻まれた時間が味わいを呼び、その家の情緒になる。そんな素材選びに、彩りを添えるのが緑だ。近くの山の木を使って木の家を街に建てることは、小さな森を街につくるに等しい。緑豊かな小さな里山のある街角をつくることは、街に景色を取り戻す修景という仕事でもある

株式会社大塚工務店
代表取締役 大塚 伸二郎

お知らせ